忍者ブログ
RAID5復旧に向けて、RAIDの基本、RAID5運用上の注意点、障害対策などなど・・・ RAID5の復旧に関して最低限のことをご紹介します。 RAID5復旧の参考にしてみて下さい。
[1] [2] [3] [4]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
raid5復旧
性別:
非公開
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ☆本サイトでは、RAID5復旧のための基本的事項も含め記載しています☆
 
RAIDとは、安価な複数のHDDを使って冗長性を確保した仕組みのことをいいます。
 冗長性というのは、一部にトラブルが起きても、システム全体の機能を維持できるように予備装置を配置・運用することで確保する安全性のことです。 
 
システム全体の稼働をストップさせないように、トラブルが起きたときにバックアップに切り替えるのです。

家庭で使用するPCなどであれば、トラブルが発生したとしても、損害はたかが知れていますが、企業などの場合はそうはいきません。
システムがトラブって本来のパフォーマンスを発揮しないと、人命や資産を損失したり、企業活動に大打撃を受けます。

企業のシステムにおいては、冗長性というのは重要なキーワードとなってきます。

冗長性が必須です。とは言っても、コストはなるべく抑えたいという思いもあります。
そこで、安価な複数のHDDを使い冗長性を確保するRAIDというわけです。 

 
また、RAIDは、容量の小さなHDDをまとめることで大きな容量のHDDとして利用することが可能となります。
今となっては容量の大きなHDDも安くなってきていますが、以前の高かったころは、これは重要な視点です。 


RAIDというのはいつ開発された概念・テクノロジーなのでしょうか?
 
実は、RAIDという言葉が誕生したのは1988年です。 

カリフォルニア大学バークレー校のDavid A.Patterson氏、Garth Gibson氏、Randy Katz氏の共同論文「A Case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks(略してRAID)」の中で出てきました。 

安価で低容量、価格相応の信頼性のHDDを用いて、大容量で信頼性の高いストレージを構築する手法をこの論文では論じています。
 
 
もう一度まとめておきましょう。
RAIDとは「安いHDDを複数組み合わせて、冗長性と容量増大を実現する仕組み」です。
PR
☆本サイトでは、RAID5復旧のための基本的事項も含め記載しています☆
 
RAIDレベルとは、RAIDの種類のことです。 
 
RAIDの定義のところで記載した論文「A Case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks(略してRAID)」では、構成(構造)の違いによってRAID1〜RAID5までの5種類のRAIDレベルを定義しています。

RAID0というのも良く耳にすると思います。 
RAID0は、処理速度の高速化のみを目指した仕組みです。RAIDの特徴である冗長性は備えていません。
従って、RAIDには含まれないとする立場もあります。上記の論文もその立場です。

冗長性がないため、「0」番が付与し、RAID0と呼ばれています。 

仕組み的には、複数台のHDDに、データを分散して読み書きします。
パラで読み書きするので、例えば2台のHDDであれば、1台よりも半分の時間で読み書きできます。
 
少し話が脱線しましたが、RAID0、RAID1、RAID02、RAID3、RAID4、RAID5の6種類がポピュラーなRAIDの種類となります。
 
実際に使用されているのは、RAID0、RAID1、RAID5です。他のレベルは、以前は使用されていたものもありますが、現在はほとんど使用されていません。
実際に使用されているRAID0、RAID1、RAID5について次から見ていきましょう。

 
 
☆本サイトでは、RAID5復旧のための基本的事項も含め記載しています☆
 
RAID0は複数台のHDDに、データを分散して読み書きし高速化した仕組みです。
パラで読み書きを実行するので高速化を実現できるのでしたね。

分散してデータの読み書きを実行するため、RAID0には最低2台のHDDが必要となります。 
 2台以上のHDDで一つのストレージ(記憶装置)として構成します。

 1つのデータを2つ以上のハードディスクに分けて同時に書き込むことをストライピングと言うため、RAID0は、別名をストライピングといいます。 
 
冗長性がないので、RAIDには含まれないという解釈もありますが、RAIDにおける高速化技術の基本となっており、多くのRAID製品でサポートされているのが現状です。
 
RAID0のメリット、デメリットに言及しておきましょう。
 
【メリット】
・構成するHDDの台数に比例してアクセスが高速になります 
・容易に大容量の単一ストレージを作成できます。(構成するHDD全ての合計容量を利用できます)
 
 
【デメリット】
・冗長性がありません。(従って、構成するHDDのうち一台でもトラブルが発生すると動作不能となります)
・HDD数が増加すればするほど、故障率も増加します。 
・RAID0の容量は、構成HDD中の最小容量×HDD数となり、余った部分は利用できません。(※基本的にRAID0では同一容量のHDD使用を推奨 )
 
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © RAID5復旧.navi All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]