忍者ブログ
RAID5復旧に向けて、RAIDの基本、RAID5運用上の注意点、障害対策などなど・・・ RAID5の復旧に関して最低限のことをご紹介します。 RAID5復旧の参考にしてみて下さい。
[17] [10] [9] [8] [7] [6] [4] [3] [2]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
raid5復旧
性別:
非公開
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆本サイトでは、RAID5復旧のための基本的事項も含め記載しています☆
 
RAID1は、2台以上の複数HDDに同一データを書き込むことで、データのバックアップを保持する仕組みです。比較的シンプルな方法で耐障害性を高めた仕組みと言えます。
 
1台のHDDに障害が起きても、システム停止には陥りません。(他のHDDでデータを処理できるため )

ただし、データ保存領域として利用できる容量は、構成するHDDの合計容量の1/2以下となります。 (同一データを複数のHDDに保存するため)
 
RAID1には最低2台のHDDが必要です。(通常は2台構成にします)
複数のHDDに同時に同じ内容を書き込むため、RAID1は別名「ミラーリング」といいます。
 
 
具体的にどの程度耐障害性があるのか計算してみましょう。 
 例えば、ある条件下で使用しているHDDの故障率を1%と置きます。 

・HDD1台⇒故障率は1%

・RAID1(HDD2台で構成)⇒故障率は1%×1%=0.01%

1台の時に比べてRAID1だと故障率が1/100になります。 
 
 
RAID1のメリット、デメリットを列挙します。
 
【メリット】
・1台のHDDに障害が発生してもシステム停止には陥りません。(冗長性) 
・故障したHDDを交換すれば、バックグラウンドでデータの復旧が行われるため、復旧が早いです。 
・構成HDDの台数が増えれば増えるほど、耐障害性が上がります。 
 
 
【デメリット】
・複数のHDDに同一データの書き込みを行うため、単一ドライブへの書き込みよりも時間がかかります。 
・使用可能な容量は構成するHDD1台分の容量となります。(構成する台数が増えても1台分)
・RAIDレベルの中で唯一ストレージサイズの大容量化、高速化を目的としていません。
 
PR
<< RAID0 HOME RAID5 >>
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © RAID5復旧.navi All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]