忍者ブログ
RAID5復旧に向けて、RAIDの基本、RAID5運用上の注意点、障害対策などなど・・・ RAID5の復旧に関して最低限のことをご紹介します。 RAID5復旧の参考にしてみて下さい。
[7] [6] [4] [3] [2] [1]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
raid5復旧
性別:
非公開
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆本サイトでは、RAID5復旧のための基本的事項も含め記載しています☆
 
RAID5を自分で復旧する場合、誤操作をしてしまい復旧不能となるケースがあると聞きます。
誤操作をしないよう注意し実行するのはもちろんのこと、誤操作の事例を予め知っておくことで復旧不能を回避をしましょう。
 
 
【RAID5修復時のエラー】
既に述べているとおり、RAID5はHDDの1台が故障しても稼働し続けます。
この場合、故障したHDDを新しいHDDと交換し、残りのHDDにあるデータから失われたデータを再生してRAID5を修復する必要があります。修復が終るとRAID5は元の正常な状態に戻ります。

このプロセスで犯しがちな誤操作として以下が挙げられられます。
 
●間違って正常なHDDを交換してしまう
 
これは故障したHDDを交換せず、正常な方を交換してしまうというものです。
RAID5は2つのHDDがオフライン状態では機能できません。正常なHDDの1つが取り外されると、RAID5は直ちに機能を停止します。
 
 
●修復時に誤ったディスク数を指定
 
RAID5の多くには予備HDDが、ホットスペアとして組み込まれているため、 例えばホットスペアディスクを含む6ディスク構成の場合、実際は5ディスクRAIDとなります。修復時に誤って6ディスクRAIDとして構成するとデータが破損します。
 
RAID5で使用されているディスク数は次の式で算出可能です。
 
RAID5のディスク数=RAIDの論理ディスクサイズ÷個々の物理ディスクサイズ+1
 
例えば、RAID5が30GBで構成されていて、論理ディスクのサイズが90GBの場合、
RAID5のディスク数=90GB÷30GB+1=4ディスクRAID
となります。
 
 
●停電、ヒューマンエラーで修復プロセスが中断された
 
●RAID5の修復でストライプ(ブロック)サイズを変更してしまった
 
 
 
【その他のエラー】
 
●Chkdskがディスクの1つに実行された
 
Chkdskとは破損したディスクからデータを復元するWindowsのユーティリティです。
Windowsがディスクの破損を検出すると自動実行されます。確認メッセージは表示されますが、一定時間経過すると自動で実行します。
ChkdskはRAIDを識別しないため、chkdskにディスク修復をさせると、RAIDのデータパターンが破壊され、復旧不能となります。
 
 
●RAID5の初期化を実行してしまった
 
当たり前ですが、RAID5を誤って初期化してしまうと、すべてのデータが失われます。
初期化が終了すると復旧できるデータは0となるので注意が必要です。
 
 
●RAID5を誤ってRAID0に構成してしまった
 
珍しくないエラーが、RAID5を構成したつもりだったが、誤ってRAID0を構成していたというものです。RAID0には冗長性がないので、ディスクが故障して物理的に修理できない場合、データは失われます。
PR
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © RAID5復旧.navi All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]