忍者ブログ
RAID5復旧に向けて、RAIDの基本、RAID5運用上の注意点、障害対策などなど・・・ RAID5の復旧に関して最低限のことをご紹介します。 RAID5復旧の参考にしてみて下さい。
[17] [10] [9] [8] [7] [6] [4] [3] [2] [1]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
raid5復旧
性別:
非公開
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆本サイトでは、RAID5復旧のための基本的事項も含め記載しています☆

3月11日に過去最大の大震災「東日本大震災」が発生しました。
東京電力の原子力発電がやられたため、電力不足で計画停電が実施されています。 

実は停電、RAIDはかなり苦手としています。

RAIDを組んでいない場合、つまりHDDを単体ドライブとして使っている場合は、突然の停電でもHDD障害が起こることは稀です。 

しかしRAIDを組んでいる場合はそうはいきません。

パリティ計算にエラーが生じファイルシステムが壊れてしまうケースがあるのです。
複雑なシステム構成のため、エラーなどが発生すると狂いが生じてきます。


「RAIDシステムは夏場によく故障する」と言われるのを聞いたことがあるでしょうか?
これは落雷による突然の停電に起因します。それほど、RAIDは停電には弱いのです。
 
データ復旧・修復を手がける某社曰く、「計画停電が実施されたあたりから、停電が原因で故障したRAIDシステムの修理が増えている」とのこと。
 
停電が原因で故障するRAIDシステムは、論理障害がほとんどである。
つまり、停電により、ファイルシステムやRAIDの整合性がとれなくなるといった症状である。
 
RAID5を構成する4台のHDDのパーティション情報がすべて故障してしまうなど、復旧が困難なケースもあります。こうなると、単体のHDDのパーティションテーブルとは違う知識が必要となり厄介である。 
(※単体のHDDであれば、どのファイルシステムでも管理情報が点在しているので、経験とノウハウによりそれらを探し出してパーティションのサイズなどの情報を得ることが出来る)

従って、停電による論理障害が起こらないように対策を打っておく必要があります。
 
停電による障害策としては、UPS(無停電電源装置)を導入するのが一般的です。
UPSとは、停電が起きて電源の供給がストップしても、しばらくの間はバッテリーから電源を供給する装置です。電源が供給されている間に、正しい手順で正常にシャットダウンすることが可能となります。 
 
また、停電時だけに限らない話ですが、バックアップは必ず取ることを心がけましょう。

PR
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © RAID5復旧.navi All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]